2016.04.25

速報 2016 ALL JAコンテスト結果

今年のコンテストは、業務災害で病気になった体を回復させるため、金曜日から日曜日まで里山ウォーキングと温泉で静養していたため、日曜日の帰宅後に、16時からオペレーションを開始し、チョコットだけ参加でした。今回は、14Mのアンテナが調子が悪く、聞こえても飛ばないバンドが生じてしまい、Badポイントでした。
ALLJAコンテスト結果 速報値
Band   Mode  QSOs     Pts  Sec
   3.5  CW      24      24   13
     7  CW     150     150   39
    14  CW      22      22   16
    21  CW      10      10    6
    28  CW       8       8    4
    50  CW      35      35    9
Total  Both   249     249   87
Score: 21,663

de JI1FLB/ Seiichi Tanaka (DEN)

2016.04.19

W3NQN BPF 20mバンド用BPF製作 その6

W3NQN BPFをいよいよ製作開始しました。

本日は、20m用BPFを製作してみました。
この20m用BPFは、5B4AGNさんの回路をVA6AMさんが回路をモディファイしたものです。
バンドパスフィルタの特性は、下図のとおりで、40mの減衰特性も非常に良く、優れたBPFのようです。
製作にあたっては、VA6AMさんは5B4AGNさんのシングルバンドBPF基板を利用しており、私の基板との差異により、若干、コンテンサ容量、コア巻き数が異なりました。

【変更点】
C1,C4が 95pF から94pFへ
L3巻き数が、34Tから36Tへ

★ 課題
挿入損失ILが14MHzより低いようで、C1,C4をもう少し変更?

20m用BPF特性

W3nqn20m20160419

de JI1FLB / Seiichi Tanaka

2016.04.15

W3NQN BPF システムイメージと基板改修 その5

いよいよ各種基板が出来上がってきたので製作に取り掛かる。

ギャザリングBPFシステムイメージは、システム構成図のとおり、1x6 Swich PCBとW3NQN BPF PCBから構成される。このシステムは、リグからのバンドデコーダ情報での切替と、秋月電子のロータリスイッチで切替可能とする。
このシステムは、電源がオフの場合にはアンテナからリグへスルーするように設計されている。

システム構成図

Gatheringbpfsystemimage20160415

BPFは当初W3NQNのオリジナル回路で製作するつもりでしたが、現状では5B4AGNさんの回路が主流のようなので、以下のようにBPF基板のパターンを切断、接続することで、W3NQN回路から5B4AGN回路へ変更し、各BPFを製作する。また、20mと15mのBPFはVA6AMさんがモディファイした回路定数で製作する。

BPF基板改修イメージ図

W3nqn25b4agnpcb20160415

de JI1FLB/ Seiichi Tanaka (DEN)

2016.04.14

W3NQN BPF 用One to six switch unit 基板 到着 その4

本日、中国よりOne to six switch unit 基板が届きました。

今回の基板発注は、10枚でしたが、12枚送られてきました。ラッキー!

この基板は、主要部品のリレーを購入していないので、すぐに製作に取り掛かれませんが、早々に製作する予定です。

ALL JAはバラック組立でも。。。
この基板は、BPF用スイッチ用途で2枚しか利用しないので、余った基板でFT991がHFアンテナコネクタが1ポートのため、複数アンテナを接続できるように、One to six(seven) switch Boxでも製作する予定です。

de JI1FLB
 

2016.04.12

ICOM Band decorder その3 基板製作完了

ICOM-band-decorderは、JH1EAQさん、JR8VSEさん、K6XXなどの設計されたものがありますが、ALL JAで利用するために、KiCadでPCB基板化してみました。
バンドデコーダは、今後いろいろなバンド情報を利用するために、複数ポート化などが必要ですが、今回、JR8VSEさんの回路を参考に、少し回路を変更したものを製作してみました。基板サイズは、秋月電子のC形ユニバーサル基板と同じサイズで、ネジ穴も同じ位置にしてみました。

基板製作は、発注を今月早々に行い、本日、Elecrow社から製作完了連絡が届いたフェースです。 この基板は、配送を国際郵便と指定したため、コンテスト直前に届きそうです。

写真 Elecrow社からの基板製作完了報告
Icombanddecorderjr8vsepcbv1r0


de JI1FLB/ Seiichi Tanaka (DEN)

YU1LM BPF PCB検討 

昨日は、業務災害で発症した病気の影響で体調が悪かったのですが、何かにチャレンジした気持ちで、YU1LMさんのBPFをKiCad練習の対象として、プリント基板(PCB)を設計してみました。
私は、昨年秋に、SDR受信機用BPFとして製作してみましたが、簡単に製作、特性も良いので、Soft66LiteやRTL-SDRと接続して利用しています。

今回の基板設計は、将来、送信用BPFとして試してみるためと、今後、Elecrow社に別基板を発注する際に合わせて発注してみようと思い、取り組んでみました。この基板は、基板サイズが100mm x 50mmで収まっており、安価に作成できそうです。

次のKicad練習は、受信用BPFを複数実装したマルチバンドプリセレクタのようなPCB基板を設計してみたいと考えています。

◆基板イメージ ※コイルはT130-xx利用を想定

Yu1lmbpfv1r1

de JI1FLB/ Seiichi Tanaka

2016.04.08

W3NQN BPF 用One to six switch unit 基板製造完了  その3

BPF切替用のOne to Six Switch UnitはElecrow社からPCB製造が完了し、デリバリフェーズになったと連絡がありました。

Elecrow社は、発送前に、仕上がったPCBの写真を送ってくれます。


One2sixswitchpcb3153520160408

あと、2週間以内ぐらいには手元に届くことになります。

今回の一連の基板製作では、Kicadの手習いを目的としていましたが、私のうっかりミスや考えが足りなかったところがいくつか生じてしまいました。これらは致命的なものでないので、基板が届いたら改修、製作時の工夫でどうにかしたいと考えています。


One to Six Switch Unitの課題
 課題1:コントロール入力インタフェースのコネクタにアース端子を漏らす。
 改修対処:7PのコネクタをPCBに挿入できるように回収。または、アース線を基板の引き出す。
 本格対処:PCBレイアウトの変更(既に対処し、あとは発注のみ)
BPF基板の課題
 課題1:BPFのコンデンサ取付について、コンデンサのパラレル接続用に設計してしまったが、コンデンサをシリーズ接続も考慮すべきであった。
 仮対処:この基板では、コンデンサ取付時にパンダ付け作業で対処
 本格対象:次回PCB製造時にシリアル接続にも対応可能なPCBボードに変更。現在、いくつかのPCB設計パターンを実施中。


de JI1FLB/Seiichi Tanaka (DEN)

2016.03.31

W3NQN BPF 基板到着 < Kicadのlesson その5 >

今日は3月31日0910。昨晩は妻の誕生会で帰宅が遅くなり、Toshibaのトランジスタアレーによるリレー駆動回路を検討していたら、いつの間に転寝してしまいました。この転寝は、病気の影響で、病状が回復してくると、このようなことがなくなるのですが。。。

ところで、今月3月21日にElecrow社に発注したW3NQN BPF PCBが今先程届きました。

今回は、EMS便を利用したためでしょうか、Elecrow社からの発送連絡からあっという間に到着しました。
Elecrow社を利用している方はご存じのことですが、時々、発注PCB枚数より多くPCBが届くことがります。
今回は、当たりで、2枚多く届きました。

回路検討と製作が追いつかない。。。 (*_*;

de JI1FLB / Seiichi Tanaka (DEN)

2016.03.30

Icom Band Decorderの検討 その2 JH1EAQさんの回路

今回のバンドデコーダ検討は、現在、SO2R環境を整備するために検討しておりますが、アンテナスイッチやSO2Rコントローラなどを既に準備済みですが、バンドデコーダが決まっていないために、行っている作業です。

回路図とボードイメージは、JH1EAQさんの回路をベースに、リグとのインタフェースにEMIフィルタを付け加えたもので、昨日から今先程までKiCadの作業を行っていました。

今日は、これから主治医に受診するため、検討終了。明日以降は、ブレッドボードで回路を組んでみようかと考えています。


回路図
Bnaddecoorderjh1eaqschr120160330


基板イメージ

Bnaddecoorderjh1eaqpcbr120160330



de JI1FLB / Seiichi Tanaka (DEN)

2016.03.29

ICOM Band decorderの検討

W3NQNのBPFやSix by TwoのSwtichを利用するためには、リグのバンド情報を取りだすことが必要となってきます。
バンドデコーダは、JH1EAQさんの回路、JR8VSEさんの回路、K6XXさんの回路などや5B4WBさんのaruduino、私のSO2RコントローラにバンドデータBCD出力機能を少し手直しするものなど、いろいろあります。

今回は、実際にPCBを発注するかわかりませんが、JR8VSEさんの回路をベースに少し回路を変更したものを、KiCadでサクサクと回路と基板を検討してみました。

回路図
Banddecorderrev4sch20160329


基板イメージ
Icombanddecorderr4pcb20160329

de JI1FLB / Seiichi Tanaka (DEN)

«W3NQN BPF 用One to six switch unit 基板完了  その2

2016年4月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ