2016.09.25

9/25 K3NG Arduino CW keyerとN1MM+の動作確認

K3NG Arduino CW keyerは、先日のおじさん達の飲み会に出席したときに、JA8NNTさんがこのKeyerにチャレンジされているとお聴きし、数年ぶりにブレットボード上で動かしてみました。
K3NG Arduino CW keyerは、K1EL CW Keryerのエミュレーション機能を持っており、WinKeyerバックアップ用として、ブレッドボードでいつでも対応できるようにしていました。
このキーヤーは、2014年頃よりいろいろな機能が追加されたようです。以前は、K1ELのエミュレーションモード機能とロータリーエンコーダー機能を選択した場合にうまく動作しませんでしたが、今では動作するようになっていました。
今回は、ブレットボードボード上ですが、N1MM+とK3NG Arduino CW keyerを接続して利用してみましたが、SO2Rにも対応し、Rigと対応したCWポートでKeyingしていることを確認できました。今回は短時間の動作確認であり、コンテストの実戦で利用している必要があると考えています。

備忘録:keyer_features_and_options.hの設定箇所

以下の4箇所をコメントアウトしてコンパイルすることで、利用可能となりました。

// compile time features and options - comment or uncomment to add or delete features
// FEATURES add more bytes to the compiled binary, OPTIONS change code behavior
#define FEATURE_WINKEY_EMULATION    // disabling Automatic Software Reset is highly recommended (see documentation)
#define FEATURE_ROTARY_ENCODER          // rotary encoder speed control
#define OPTION_PRIMARY_SERIAL_PORT_DEFAULT_WINKEY_EMULATION
#define OPTION_WINKEY_2_SUPPORT      // comment out to revert to Winkey version 1 emulation
★試作状況
今回は、秋月USBシリアル変換モジュール、プロセッサ、ロータリーエンコーダーの必要最小限の構成で試作してみました。

P_20160925_162019

de JI1FLB/ Seiichi Tanaka

2016.09.23

9/23 AFE822x SDR-Net ( Dual Channel ) Cwskimmer周波数ズレ 解消

AFE822x SDR-Net ( Dual Channel )は、通常、コンテストのSO2R運用時に2バンドWaterfallスコープとして利用しています。
先日のAIコンテストではこのSDR受信機をUSB経由でCWSkimmerAPに接続したところ、デコードした局の受信周波数ズレを生じていました。
AIコンテストでは、USB経由をあきらめ、EtherNet経由(HermesIF)でCWSkimmerサーバAPと接続してCWSkimmerを利用していました。 別の
Afedri SDR-Netでは、USB経由でCWskimmerAPと接続し、問題無く使えいるのですが???

本日は、この周波数ズレで気になる点が思い浮かんだので、切り分けをおこなったところ、問題無く使えることが判りました。


原因:
Dualチャネルモードになっていたため

解決方法:
SDR Network Control BoxのMulty Channel RX tabの RX mode selectionプルダウンメニューをSingle Channel Modeを選択し、Save RX modeボタンでSDR受信機の運用モードをDualチャネルからSingleチャネルに変更することで解消

de JI1FLB/Seiichi Tanaka

2016.09.22

9/22 AIコンテスト結果

AIコンテストでは、私のCallをピックアップいただきありがとうございました。

今年のAIコンテストは、7MHzを中心に、自前CWSkimmerでピックアップした局をCallする運用スタイルでした。

★コンテスト結果
Band   Mode  QSOs     Pts  AI   Pt/Q
     7  CW     144     144   35   1.0
    50  CW       5       5    4   1.0
   144  CW       5       5    3   1.0
   420  CW       6       6    5   1.0
Total  Both   160     160   47   1.0
Score: 7,520


今回は、
 7MHzのDPアンテナ用お化けポールが7月頃の強風で曲がってしまい6m高と低く、飛びが今一、
 SO2Rで運用していましたがリグ間での回り込み、
 IC9100のリグコントロールがリンクダウンする
 Afedari SDR net 1号機をUSB接続した場合、CWSkimmerの周波数がズレる 等
いろいろな課題が見えてきました。
これら課題は、10月の全市全郡コンテストまでに解決してゆかなければと考えております。

de JI1FLB

2016.09.21

9/21 AIコンテスト用SECの訂正

AIコンテスト用のSECファイルに誤りがあり、訂正したものをUploadしました。

訂正箇所:
 type=XPO  ---> type=AI
原因: うっかり修正漏れ
deJI1FLB

9/21 N1MM+ AIコンテスト用UDC、SECファイル作成

今晩、これから開催されるコンテストにチョコットだけさんかするため、N1MM+のUDCファイルとSECファイルを作成しみました。

私は、つい先日まで酷い嫌がらせといじめで入院し、現在、病気療養中であり、本日はシッカリ睡眠をとり、明日の朝から7MHzで参戦する予定です。
UDCファイル  「AI.udc」をダウンロード

SECファイル  「AI.sec」をダウンロード
de JI1FLB/Seiichi Tanaka

2016.09.20

9/20 Afedri SDR のUSB audioデバイスが認識されないトラブル解消

私は、Afedri SDRをバンドスコープやCWスキマ-用に利用していますが、時として、このSDRがWindowsのAudioデバイスとして認識されなくなることを経験しております。
今回の原因はSDR受信機の構造をよく理解ないまま使っているために把握できていませんが、以下のマニュアルとおりにUSB audinoのサンプルレートを変えたところ、解消しました。
http://www.afedri-sdr.com/index.php/downloads/category/2-documentation
How to change AFEDRI SDR sample rate for USB audio mode

de JI1FLB

2016.09.18

9/16 Designed a SO2R controller Power Unit part2

この電源ユニットは、いろいろなものを作っている時に三端子レギュレータで13.8Vから5Vや9Vの電圧を作ることがあり、ユニバーサル基板で作っていましたが、結構利用する機会があるので、PCB基板が欲しくなり、このユニットを作ってみました。

仕様

サイズ・・・ 秋月電子 C形ユニバーサル基板サイズ
基板に2個の三端子レギュレータを搭載可能
電源出力ポート数  ・・・ 1系統  三端子レギュレータで電圧変換 2ポート
                             ・・・  2系統  三端子レギュレータで電圧変換 1ポート
             ・・・ 3系統  入力をスール出力、過電流保護 1ポート
各電源出力ポートはポリスイッチで過電流保護


図面

So2rcontolorpuv0r0fixed


基板イメージ

So2rpowerunitpcbv0r0


de JI1FLB / Seiichi Tanaka

2016.09.16

9/16 Designing a SO2R controller Power Unit

今日は、朝から体を動かすため、「たなかさんちの家庭菜園」で夏野菜の整理と畑の耕しをおこないたかったのですが、あいにく朝食後から雨になってしまい、急遽、KiCADでSO2Rコントローラの電源ユニット回路を設計していました。

現行のSO2Rコントローラは、秋月C形基板に三端子レギュレータを搭載したもので、これを基板化したいと考えています。この基板は、SO2Rコントローラ以外にも、13.8Vから5Vや9Vに電圧を変換する際に活用できるのではないと考えています。

今日は、回路作成のみですが、後日、秋月基板サイズの基板を設計してみる予定です。

So2rcontolorpuv0r0


de
 JI1FLB/Seiichi Tanaka

2016.09.14

9/14 SO2R controler: remake Audio Switching Unit

久しぶりにKicadを使ってみると、120日も使っていなかったために操作方法がすべて、消えていました。

ということで、昨日からSO2RコントローラのAudio Switich unitでKicadの手習い行っています。
今回のリメークは、最終的に基板化する決めていませんが、
 ・秋月電子のC形基板のサイズにあわること、
 ・EagleCADからフリーCADのKiCADへ移行すること、
 ・不要な部品 EMIフィルタをりムーブし、保安部品のポリフューズを搭載すること
を行ってみました。

de JI1FLB
So2raudioswunitv2r1a

Headphonecontrolerv2r1a

2016.09.08

9/8 やっと退院

今年5月から入院し、いじめ、嫌がらせで傷ついた体調を整えておりました。

本日、どうにか、退院することがで、4月から中断していたコンテスト関連周辺機器製作をぼちぼち始めてゆきたいと考えています。
自宅の机には、4月末に製作を中断した、
 W3NQN BPF、VA6AM BPF、
 6ポートアンテナスイッチ、
 ICOM用Iband-decorder、
 プリアンプ 等々
が転がっており、一つずつゆっくりと仕上げてゆく予定です。
de JI1FLB

«速報 2016 ALL JAコンテスト結果

2016年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ