2018.02.18

2018/02/18 2017 第2回 A1CLUB STRAIGHT KEY コンテスト入賞

本日、A1クラブから入賞メールが届きます。

昨年は、3.5MのアンテナをMVアンテナから、2バンドDPに変更したおかげで、局数が増えて、1エリア入賞することが出来ました。
ひとえに、皆様のおかげで入賞出来ましたことを感謝します。
私の近況は、無線室に暖房がないこと、無線用のメインPCがSSDクラッシュしたことなどで、もっぱら、温かい部屋でモールスランナーで遊んでいます。メインPCのSSDを交換して、3月には本格的にQRVしたいと思います。
ところで、今月号のCQ誌、国内コンテストにN1MM Logger+のUDCファイルの件が掲載されていましたが、詳しくは以下のURLに私が使っているUDCファイルを掲載しておりますので、ご活用ください。

http://github.com/JI1FLB


DE JI1FLB/Seiichi Tanaka

2018.01.13

2018/01/13 千葉コンテスト入賞

JI1FLBです。

千葉の皆様にコール頂いたおかげで、どうにか入賞することができ、感謝しております。

部門 X-MIX
〇 1 JK1WSH/1 137 315 77 24,255
〇 2 JA1XHC 106 260 77 20,020
〇 3 JI1FLB 92 227 70 15,890


de JI1FLB / Seiichi Tanaka

2018.01.01

2018/01/01 NYP用UDCファイル

新年あけましておめでとうございます。今年もいろいろなコンテストでよろしくお願いいたします。

NYP用のUDCファイルを https://github.com/JI1FLB にアップロードしました。

使用方法は、N1MM Logger+でロギングし、CtestwinでADIFファイル、Carbiroファイルを読み込み、提出ログを作成します。
アップロードしたファイルは、
  NYP-NameフォルダのUDCファイルがキャリブロ形式でファイルを出力させるもの、
  NYP-CommentフォルダのUDCファイルがADIF型式でファイルを出力させるもの、
です。
de JI1FLB/Seiichi Tanaka

2017.11.23

2017/11/23 東京UHFコンテスト結果

今年は、久しぶりに東京UHFコンテストに参加してみました。例年は、自宅のアンテナ設備、地上高が低い為、あまり局数を稼げないために参加しておりませんでした。

やはり、今年の運用結果は、アンテナ地上高が低いことが影響し、コンテスト開始直後からCQを連呼しても、コールバックも無く、また、多摩地域へも電波が届いていない状況でした。

  Band   QSOs   Pts  Multi
430MHz   151   232   42
--------------------------
Total    151   232   42
Score : 232x42=9,744点



2017.11.22

2017/11/22 東京コンテスト用のUDCファイル、SECファイル

明日は東京UHFコンテスト。明日はN1MM+のボイシング機能でCQを連呼する予定です。

以下のダウンロードファイルは、東京コンテスト用のN1MM Logger+のUDCファイルとSECファイルです。

使い方
1) N1MM Logger+では単なるロギングし、ADIFファイルをExport
2) Ctestwinに読み込ませて、提出ファイルを作成
3) 利用にあたっては、UDCファイルのDefaultContestExchange が私のマルチを設定しているため、ここを書き換えてご利用ください。

2017.11.09

2017/11/09 多摩川コンテスト用UDCファイル、SECファイル

月末に開催される多摩川コンテストに向けて、N1MM Logger+のUDCファイルとSECファイルを作ってみました。
私は、このコンテストに参加したことがありませんが、今年は可能ならばAKの実家からQRVする予定です。

使い方の前提は、
1) N1MM Logger+では単なるロギングし、ADIFファイルをExport
2) Ctestwinに読み込ませて、提出ファイルを作成
N1MM Logger+のキャリブロ形式ファイル出力は、ファイル出力の検証を行いましたが、キャリブロ出力可能です。ただし、N1MM Logger+では、時刻表記がUTCです。
利用にあたっては、UDCファイルのDefaultContestExchange が私のマルチを設定しているため、ここを書き換えてご利用ください。


「Tamagawa.udc」をダウンロード

「TAMAGAWA.sec」をダウンロード

2017.11.06

2017/11/06 CW王座決定戦の結果

昨日は、皆さんからCallいただきありがとうございました。

縦振れ電鍵オペレーションは、久しぶりのため、手崩れを起こしており、短点と長点のバランスが悪いは、HH訂正符号を連発するなど、綺麗なCW信号でなく、お聞き苦しいCW信号で申し訳なく思っております。

ところで、今回の結果は、120局、60マルチを目標にしておりましたが、全く、届きませんでした。
参戦状況は、コンテスト開始直後の12時台は皆様から順調にコール頂き、局数が伸びてゆき、これで目標を達成できると思っていました。
しかし、13時後半は、この時間に6エリア、8エリアとQSOできるようになり、近場が非常に弱くなり、コンデションが怪しいと感じてきました。
14時台は、Runしながら、DualWatchで新しい方を探しましたが、ほとんど見つからず、1エリア内の近場の電波伝搬が悪く、期待したエリア内QSOも出来ずに撃沈。
15時台は、安定してWが聴こえてくるなど最悪な国内コンデションで、コンテスト終了直前の10分間程度、1エリア内の電波伝搬が良くなり、少し局数を伸ばせました。

【結果】

  Band   QSOs   Pts  Multi
7MHz     101   157   47
--------------------------
Total    101   157   47
Score : 157x47x13=95,927点

2017cwplayoffresult

2017.11.04

2017/11/04 大阪コンテスト 府外局用UDCファイル、SECファイル

明日は大阪コンテスト。昨年利用していたUDCファイルを改善してみました。

改善点
・JA3RLとJA3YRLのボーナス局の得点を2点としてカウント

使用方法
1) N1MM Logger+では単なるロギングし、ADIFファイルをExport
2) Ctestwinに読み込ませ、Multi処理等を行わせて、提出ファイルを作成
 ※JA3RLとJA3YRLはコンテストナンバーにYを付加して2点と対応するようです。Tnx JA7WXL 宮下OM
3) N1MM Logger+のキャリブロ形式ファイル出力は、ファイル出力の検証を行いましたが、キャリブロ出力可能がNGです。原因は、コンテストナンバーが長い為に正しくログ出力できません。また、N1MM Logger+では、時刻表記がUTCです。

※キャリブル出力例
QSO:  7010 CW 2017-11-04 0148 JI1FLB        599 10     JA3YRL        599 2516    
QSO:  7010 CW 2017-11-04 0149 JI1FLB        599 10     J*3***        250111Y 
4)利用にあたっては、UDCファイルのDefaultContestExchange が私のマルチを設定しているため、ここを書き換えてご利用ください。

「OSAKA.udc」をダウンロード

「OSAKA.SEC」をダウンロード


付録:ボーナス局の別処理方法
今回はボーナス局が2局であるため、UDCファイル内にボーナス局を記述しましたが、ボーナス局が多い場合には、UDCファイルのBonusPoints2 = 2, OSAKA.txtと記述する方法があります。
OSAKA.txtファイルは、SECファイルと同じ\N1MM+\SupportFilesフォルダに保存する。

例) 「OSAKA.txt」をダウンロード

2017.11.02

2017/11/02 JA9コンテストのUDC、SECファイル

今晩からJA9コンテストということで、N1MM Logger+のUDCファイルとSECファイルを作ってみました。
リリースファイルは、県内局用がJA9in.udc,JA9in.secで、県外局用がJA9out.udc,JA9out.secです。
使い方の前提は、
1) N1MM Logger+では単なるロギングし、ADIFファイルをExport
2) Ctestwinに読み込ませて、Multi処理等を行わせて、提出ファイルを作成
N1MM Logger+のキャリブロ形式ファイル出力は、ファイル出力の検証を行いましたが、キャリブロ出力可能です。ただし、N1MM Logger+では、時刻表記がUTCです。
利用にあたっては、UDCファイルのDefaultContestExchange が私のマルチを設定しているため、ここを書き換えてご利用ください。

県内局用
「JA9In.udc」をダウンロード
「JA9in.SEC」をダウンロード


県外局用
「JA90ut.udc」をダウンロード
「JA9out.SEC」をダウンロード


de JI1FLB / Seiichi Tanaka (DEN)

2017.10.30

2017/10/30 全日本CW王座決定戦コンテストのUDC、SECファイル

来週、11月5日は、第18回全日本CW王座決定戦コンテストです。

今回も、私が使っているN1MM Logger+のUDCファイルとSECファイルをリリースいたします。

使い方の前提は、
1) N1MM Logger+では単なるロギングを行い、ADIFファイルでExportし、
2) Ctestwinに読み込ませて、Multi処理等を行わせて、提出ファイルを作成する。

N1MM Logger+のキャリブロ形式ファイル出力は、ファイル出力の検証を行いましたが、キャリブロ出力可能です。ただし、N1MM Logger+では、時刻表記がUTCです。

利用にあたっては、UDCファイルのDefaultContestExchange が私のマルチを設定しているため、ここを書き換えてご利用ください。
また、UDCファイル名にバージョンとリビジョンを付け加えているので、「CWplayoff.udc」に変更してください。

※2017/11/01 CWplayoff-v1r02.UDCであまり意味がありませんが、マルチをカウントするようにしました。

「CWplayoff-v1r01.UDC」をダウンロード
「CWplayoff-v1r02.UDC」をダウンロード
「CWplayoff.sec」をダウンロード

de JI1FLB / Seiichi Tanaka (DEN)

«2017/10/25 A1CLUB STRAIGHT KEY Contest用UDCファイル

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ