« 5/18 2017 オール山口コンテスト結果 | トップページ | 6/10 N1MM+ 山梨コンテスト用UDC,SECファイル »

2017.05.18

5/18 Red pitaya CWskimmerとフロントエンドPreamp

はじめに
 ALL JAコンテストでは、Red tipayaにプリアンプを付加して、CWSkimmerとして利用してみました。
 今回は、このCWSkimmerサーバについて、フロントエンドのプリアンプをいろいろと取替、定性的な性能を確認したので、以下の取りにその結果を取りまとめてみました。

バックグランド
 Red tipayaは、数年前にRSジャパンのDMでいろいろなことに利用可能な測定器で興味がありました。
 Red tipayaは、昨年後半から7L4IOU,JF2IWL,JA5FNXの各OMがその利用状況を記事として紹介しております。
 私は、各OMの状況からCWSkimmer、私の本来の目的であるオシロ、スペアナ、ロジアナを揃えるために、2016年12月の年末セールに思わず買ってしまいました。
 このRed tipayaは、測定器以外に今年の1月からCWSkimmerとして利用し始めました。最初はRed tipaya、そのままでCWSkimmerを動作させましたが、元々測定器であり、感度が悪く、強い局のみを少しスキミングする程度でした。このため、私も多OMと同様にRed tipayaの前段にプリアンプを入れることとしました。

Red Pitayaとプリアンプ
(1) CWSkimmerのブロックダイヤグラム
CWSkimmerは、下図のとおり、Red tipayaが6m6セグメント対応可能であるため、1.8MHz~50MHzまでカバーするように、HPFとLPFでBCバンドとFMバンドをフィルタリングするようにしました。Red tipayaとプリアンプの接続は、Red tipayaが測定器で入力インピーダンスがハイインピーダンスであるため、プリアンプ出力を50Ωターミネーションして接続しています。

/
/
+---- HPF --- LPF --- PreAMP ---  50ohm terminaiton --- Red tipya
    fc 1.7MHz
            fc 60MHz

(2) 今回準備したプリアンプ
 A) 2SK125 パラレル GGアンプ
 B) PGA-103+ Low noise High Dynamic AMP
 PGA-103+はマイクロサーキット社のローノイズ、ハイダイナミックレンジアンプのE-PHEMTです。このプリアンプは、一昨年から専用基板を起こして利用する予定でしたが、いろいろあってなかなか取り組めず、回路も入出力50Ωに整合しているために回路も簡単なため、秋月電子のユニバーサル基板で製作してみました。
PGA-103+ preamp回路図
Pga103preampjpg


定性的評価
プリアンプ                  スキミング状況         コンテスト中のAfedriとの比較
---------------------------------------------------------------------------
無し                               強力な局のみ          ------
2SK125 para GG                  better                  劣る
PGA-103+                         Best                    互角
PGA-103+  2SK125 Para GG     Good                    劣る
PGA-103+   PGA-103+           Bad                     ------

所感
今回の評価では、プリアンプのGainがあり過ぎても、スキミングしないことが判りました。当然か!
2SK125 2パラGGは、Gainが10[dB]以下で、スキミングには少しGainが足りないように感じました。
PGA-103+は、カタログスペックで26[dB]以上のGainがあり、W1GBMさんの資料を参考にゲインを抑え気味に使用しましたが、弱い局も良くスキミングしてくれました。東京コンテストでは、7MHz用のDPにCWSkimmerシステムを接続して利用しましたが、6mで0エリアのJA0IOFを何度もスキミングできました。QSOは、送信用アンテナが貧弱なためにQSOに至りませんでした。
加えて、このPGA-103+はハイダイナミックレンジをうたっているだけあって、私が送信中でも、どこかのバンドでスキミングしていたことに、その実力を感じました。

« 5/18 2017 オール山口コンテスト結果 | トップページ | 6/10 N1MM+ 山梨コンテスト用UDC,SECファイル »

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 5/18 2017 オール山口コンテスト結果 | トップページ | 6/10 N1MM+ 山梨コンテスト用UDC,SECファイル »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ